看護師にとっての転職メリット

熊本で働きたい新人看護師へ!学校選びと求人探しのサポートサイト


希望を胸に就職したものの、いつかは「辞めたい」と思うこともあるでしょう。
ここでは、看護師が転職する時、どんなメリットがあるのかを紹介します。

転職のメリットは看護師それぞれ

看護師の転職メリット看護師が転職をする理由は人によって異なります。

その人が「転職の目的」として決めていたことこそ、転職に成功すれば初めて「転職のメリット」と言えますが、
中には、職場に不満があってとにかく退職したという人もいるでしょう。

転職によってどんなメリットがもたらされるかを確かめ、
自分の目標に沿った再就職先を選んでみてください。

給与がアップ

医療機関によって看護師の給与設定に違いがあり、
同じ勤務時間、業務内容であっても病院が違えば年収に大きな差がでることもしばしば。

なかには、残業手当がつかなかったり、ボーナスがなかったりと大きな違いが見られるケースも。

このような問題は転職によって解決できることがあるので、「勤め先の給与が低いのではないか?」と感じたら、看護師求人サイトなどで他の病院の給与をチェックしてみるのがオススメ。

時間に余裕が生まれる

病院にもよりますが、仕事が定時で終わらない職場も多いものです。残業や夜勤が多い場合もあるでしょう。

ところが、クリニックや他の診察科を見てみると残業がほとんどない勤め先もあるので、
転職をすることで自分の時間が持てるようになります。
ゆくゆくは、結婚、出産しても無理なく続けることが可能でしょう。

キャリアアップを目指せる

認定看護師や専門看護師など新たに資格を取得するため、研修や実績を重ねる必要がありますが、これを働きながら行うとなるとかなりの労力が必要です。

病院によってはこういったキャリアアップを積極的に支援しているところがあるので、転職してみるのもひとつの手。

また、認定看護師や専門看護師になるためには特定の分野に一定期間従事していることが条件ですが、これを満たすために転職が必要となるケースもあります。

新しい人間関係が築ける

今の職場でいじめやパワハラなどのトラブルにあってる場合は、転職することで人間関係を刷新することができます。
新しい出会いとともに、シングルの人はひょっとすると将来のパートナーも見つけられるかも!?

――このように転職にはさまざまなメリットが期待できます。

今の職場よりも条件の良い勤め先が見つかったなら、
思い切って転職してみるのも人生を切り開く最善の方法ではないでしょうか。