熊本の看護大学一覧

熊本で働きたい新人看護師へ!学校選びと求人探しのサポートサイト


このカテゴリーでは熊本県の看護大学の特徴やカリキュラムの内容などを、
看護大学の一覧として紹介しています。

めざせキャリアナース〜熊本の看護大学まとめ

看護大学の詳細情報については、各ページでまとめていますので、ぜひご覧ください。

九州看護福祉大学看護福祉学部(看護学科)

九州看護福祉大学看護福祉学部この大学では、看護福祉学部のみ専門性が高く、保険・医療・福祉に関する施設と設備が充実しています。実習室も8教室あり、各実習のための専門教室を複数用意。

あらゆる現場に対応できるような実践力を伸ばすことが目的とされており、実習を重視したカリキュラムが組まれています。実際の看護業務にふれることのできる臨地実習などで、多くの経験を積めるのもポイント。

また、福祉や保健関連の科目も受講でき、トータル的に医療の学習ができるほか、希望すれば保健師や教員を目指すことも可能です。
1年のときから地域看護を学び始め、保健分野からの看護活動も行えるような指導方法が取られています。

熊本大学医学部(保健学科看護学専攻)

熊本大学医学部医学部は熊本大学医学部附属病院に隣接しており、看護師のほか、保健師や助産師、さらには高校の看護教諭など、多くの人材が輩出されています。

カリキュラムでは基礎科目と人間科学が充実。

その一方で、看護実践能力と教育実践力が養われるような実習が多く組み込まれており、チーム医療に貢献できる人材や、地域に密着した看護活動ができる人材の育成が重視されています。卒業後の進路では熊本大学医学部附属病院への就職率が30%以上と高いのが特徴です。

熊本保健科学大学保健科学部(看護学科)

熊本保健科学大学保健科学部学部は保健科学部のみで、別科として助産別科が置かれています。

1年次から就職ガイダンスが開かれており、大学全体の就職支援計画として就職支援センターを設置。
平成23年度の卒業生に関しては就職決定率100%を誇っています。

従来の看護業務だけでなく、保健などでも幅広く活躍できる看護師と保健師の育成が目標。別々に学ぶケースが多い科目を総合的に学習することで、さまざまな角度から人体を解析理解できるようになるなど、カリキュラムは基礎と実践が重視されいます。
国家試験対策や就職支援が1年次から積極的に行われているのも特徴で、国家試験不合格者に対するフォローにも手厚いものがあります。

大学によって違う「学べる内容」

――看護大学のカリキュラムは同じ学科でも内容に違いが見られます。
自分が学びたいことや、やりたいことをカリキュラムに組んでいる大学を目指すことで、より充実したキャンパスライフを送ることができるはずですよ!